オーストラリアのブルー・マウンテンズ国立公園に点在する切り立った峡谷。その未知なる谷底を目指して、ロープだけを頼りに下りていく命知らずのつわもの“キャニオニア”を追いかけた。

  • ツイッターに投稿する
  • マイミクなどと共有するサービス「mixiチェック」に登録する

深き峡谷を下る

オーストラリアのブルー・マウンテンズ国立公園に点在する切り立った峡谷。その未知なる谷底を目指して、ロープだけを頼りに下りていく命知らずのつわもの“キャニオニア”を追いかけた。

文=マーク・ジェンキンス  写真=カーステン・ペーター

 オーストラリア最大の都市シドニーから80キロほど内陸にいくつもの峡谷が南北に点在している。巨大な滝や深い谷、苔むした森、それに洞窟まである。こんな魅力的な峡谷地帯を冒険好きのオーストラリア人が放っておくはずがない。自然を満喫しながら川の流れとともに峡谷を下る「キャニオニング」と呼ばれるアクティビティの愛好者が、世界遺産でもあるグレーター・ブルー・マウンテンズ地域の峡谷に挑戦。変化に富んだ地形に圧倒された。

編集者から

  オセアニアで激流をゴムボートで下る「ラフティング」に挑戦したことはありますが、本特集の「キャニオニング」は未体験。ボートでさえも必死だったのに、平たく言えばあれを自分の足で下りているのかとクラクラしましたが、岩の洞窟や激流を越えたときの爽快感は格別。病みつきになる気持ちも分かります。ところで、本誌に登場するオーストラリアのホットサンドイッチ「ジャッフル」の中身には、やはり“豪州の納豆”ベジマイトが合うのだとか。昔、これをチョコレートだと思ってたっぷりトーストに塗り、ひと口で涙目になったことが今でも忘れられません。同じような経験者はいませんか?(編集H.O)

この号の目次へ

    雑誌購入・定期購読のお申し込み
    雑誌で読む
    電子版で読む
    雑誌で読む
    電子版で読む
    雑誌で読む
    電子版で読む
    雑誌で読む
    電子版で読む
    最新版のご案内
    ナショナル ジオグラフィック日本版 2014年10月号
    日経BP書店
    アマゾン

    ナショジオクイズ

    インドの飢餓を防いだ奇跡のコメと呼ばれているイネの品種「IR8」。この「8」は、何を意味する?

    • 8人の研究者による開発
    • 8番目の品種交配
    • 8倍の収量

    答えを見る

    ナショジオとつながる

    メールマガジン無料登録(週2回配信)

    メルマガ登録の詳細はこちら

    ナショナル ジオグラフィック日本版 バックナンバー