第4話  JAMSTEC新人ポスドクびんびん物語

その3  JAMSTEC初出勤で放置プレー

前回まで:因縁の(?)クマムシ対決を経て、いよいよ第3話「新人ポスドクびんびん物語」の本編に突入です。27歳の秋、奥さんに背中を押してもらった高井さんは、ついに京都大学の研究室を離れ、神奈川県横須賀市にあるJAMSTECへやってきたのでした。その初日……

空から見たJAMSTECの横須賀本部。2001年に撮影されたもの。
(提供:JAMSTEC)

大学3年生の時、研究室配属前に初めて知った謎の「深海」研究機関JAMSTEC。博士課程学生の時、留学先アメリカで知った世界に誇る最新深海研究ツールを備えた海洋研究機関JAMSTEC。ポスドク探しの就活中、呆気にとられたり、むかついたり、嬉しかったり、いろいろドラマがあった特殊法人研究機関JAMSTEC。

1997年の10月1日。長年住み慣れた京都や滋賀を離れ、箱根の関所を越えてボクは横須賀のJAMSTECにやってきた。その日の朝の9時に、オンボロバイクに乗ってJAMSTEC本部に初出勤した。

「青春を深海に賭けて」最新記事

バックナンバー一覧へ